全米販信頼性向上自主行動計画
米穀卸売業者の5つの基本原則
ガイドラインと品質管理

米穀卸売業の仕事 ガイドラインと品質管理

米穀の品質表示ガイドライン

1. 品質表示への基本姿勢
2. 品質表示の自主基準
3. 精米の品位基準
4. 無洗米の品質基準
5. 精米の仕立て方の見直し等
6. 不適正表示防止策の強化
7. 帳票類の整備
ガイドラインと品質管理へ戻る

1.品質表示への基本姿勢

(1) 品質表示の基本原則
  品質表示の主たる目的は消費者の商品選択に役立つことであり、消費者にとって分かりやすく、正確で誤認を生じさせない表示が基本原則である。商品の販売を優先するあまりその基本原則から逸脱しないものとする。
(2) 法令遵守の徹底
  企業トップ自らが表示の基本原則及び法令遵守(コンプライアンス)の重要性を認識し、率先して、適正な品質表示が確保されるよう役職員にその周知徹底を図るものとする。

ページのトップへ戻る