おこめ券

贈り物には
「全国共通おこめ券」

法人のお客さま お問い合わせ

30周年記念キャンペーン

おこめ券30周年記念「おこめ券にまつわるエピソード」募集キャンペーン

全米販賞 るるさん 静岡県

亡き母の思い出

私は、母と二人暮らしです。
私の母は親しい人のお祝い、お返しなどには必ずお米券を送っていました。
口癖は「お米をもらって困る人はいない!!戦時中の人間だからわかるんだ。お米は大切なものだよ」
いつしか習慣になり、周りの人間もお米券をもらうのが当たり前になっていました。

その母も今年5月に84歳で永眠致しました。
最初は悲しくて何も手につきませんでしたが、49日の法要のお返しを何がいいかと考えなければならず、周りに相談をしました。
タオルやお菓子にギフトカタログ?
どれもピンときません。
母だったらどうするだろう?母らしいものは何だろう?
そう考えた時に、浮かんだのがやっぱりお米券でした。
当日にお菓子とお米券を渡したところ、後日電話で
「おばちゃんらしかったね」「思い出して涙がでちゃったよ」
と大好評でした。
これからも母の代わりに、この習慣を私が受け継ぎます。
そして、お米券を見るたびに、母を思い出すことでしょう。